• TOP
  •  › 
  • 犬服の必要性

犬服の必要性

愛犬ヒョ~ドル(Mダックス♂/スムース/クリーム)を飼うまでは、犬に服を着せるなんて、「人間のエゴだし可哀想・・・」と思っていました。

元々毛皮を羽織っているし、当人(当犬?)もきっと望んではいないだろうと。
しかしながらペットショップのスタッフから飼い方の注意を促されたときは、昔のそれと大きく変化していることに驚きを覚えました。

特に現在のワンコはとても繊細で、暑さや寒さに対し非常に弱いということ。

実際に愛犬ヒョ~ドルも同様でした。

例えば夏は暑そうだからと冷房をきかすと、毛布の中に潜り込むし、冬は冬で暖房をきかせても、「雪やこんこ」の猫のように、コタツの中で丸くなることもしばしば。

地面から近い位置にいるワンコは、我々人間が感じる体感とは大きな開きがあります。
冷たい空気は下に落ちますし、また元々、体温調整も上手ではありません。

そこで家族同然の愛犬と1日でも長く一緒に生活ができるように、改めて犬服の必要性をお知らせしたいと思います。

1. 気候対策

いくら毛皮を羽織っているといえど、
お腹の毛は薄く、特に小型犬は寒がりです。

冷たい冬の寒さは風邪や下痢の原因となりますし、冷房の効き過ぎた部屋でも、防寒具として犬服を着せてあげることをお奨めします。

また夏のアスファルトは60℃から70℃になると言われています。

そのアスファルトにとても近い距離にいるワンコは、太陽の照り返しで熱中症や脱水症状を引き起こしやすくなります。

その照り返しの熱を妨げる意味でも、犬服の着用をお奨めします。
加えまして紫外線対策としても良いと言われています。

2. マナー対策

ロングヘヤーやスムースのワンコに限らず、年間を通して予想以上に毛は抜け落ちます。その抜け毛は、飼い主でも非常に気になるものです。

特に 友人宅などに遊びに行く際は、周りを嫌な気にさせないためにも、犬服を着せて抜け毛対策をお奨めします。

またそそうの心配のあるワンコや生理中のワンコには、マナーウェアの着用をお奨めします。

3. 汚れ対策

散歩と遊ぶことが大好きなワンコに汚れはつきものです。

しかしながら健康上、毎日身体を洗ってあげることはできません。

犬服を着せて、常日頃から清潔にしてあげたいものです。

特に皮膚の弱いワンコには、虫除けのためにも犬服の着用をお奨めします。

4. ファッション

人間のお子様同様に、
ご自慢の愛犬には特別にカッコ良く粋にお洒落をさせたいもの。

飼い主様と一緒に、最愛のワンコにもファッションを
楽しんでもらえればと思います♪